エアドリブル

リンクページ

無料ブログはココログ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年1月

2020年1月28日 (火)

TOKYO DIME 3X3観戦①

1月27日日曜日

大森ベルポートで行われた

TOKYO DIMEの試合を一人で観戦してきました。

Img_4971 

観戦無料だったので選手のすぐそばで

見ることができました。

やはり近いと迫力が違いますね。

男子は当然ですが女子もみんな背が高い。

TOKYO DIMEの女子は6位でしたが

男子は準優勝でした。

娘に元日本代表の矢野さんが参加しているよと

会場の写真を撮って伝えると

「大神さんのインスタの写真がお父さんのいるところみたい」

とライン。

写真を見ると2階から会場を撮った写真。

2階のレストランがあるところらへんで観戦しているみたい。

大神さんに今度エアドリブル宣伝してみたいなあ。

へんなオヤジが声かけたらビックリするでしょう。

大神さんを神と思っている娘に話したら

絶対やめてくれと言われるだろうなあ。(笑)

でもエアドリブルは子供たちのドリブル上達の

ためのアイテム。

今までもいろいろな方に応援していただいています。

マイケルジョーダンやカリー。

彼らに絶対エアドリブル紹介してやるぞ。

 

2020年1月24日 (金)

鈴木正三杯観戦

1月19日有明スポーツセンターにて行われる

鈴木正三杯予選を観戦してきました。

娘がいたミニバスチームが勝ち残っているので

応援にいきました。

試合は後半追い上げ4P

ついに逆転!

しかし逆転・逆転の展開。

ハラハラドキドキ。

残念ながら最後は3点差で惜敗。

子供たちは号泣していたので

声はかけられなかったなあ。

3点くらいどうにかならなかったかと、、、(´;ω;`)ウッ…

みんな悔しいと思うけどあの小さかった子たちの

成長した姿にはコーチも保護者も感動したはず。

小さな声しか出さなかった子が

大きな声で応援したり、ボールを呼んだり。

おとなしかった子が

ゴール下でボールの奪い合い!

特に小さい頃から見ているから

成長著しい。

純粋にスポーツをしている子供たちに

感動をもらえました。

ヘッドコーチに挨拶したら

午後から別会場の男子の試合にいくので

「残念だったなあ。それでは。」と

あいかわらずパワフルな人でした。

フリースローやゴール下の簡単なシュートの

大切さを子供たちも感じたかなあ。

これから中学でも頑張ってくださいね。

なんにでも純粋に頑張っている子は

草葉の陰から

いつでもじじいは応援してます。(笑)

 

 

 

2020年1月17日 (金)

ボールと友達

エアドリブルの一番の目的は

ボールに接する機会が少しでも増えて

ボールが友達のように

なっていくことです。

エアドリブルはゴムネットを使用して

ボールを弾ませることができるアイテムです。

硬い床では難しくても

柔らかいゴムネットならただ置いてあるボールを

下に押したり上げたりしただけで

ボールを弾ませる感覚が身についていけます。

ミニバスのお父さんも2歳児が

ボールを弾ませることができるようになり

ビックリ!

まだまだエアドリブルの認知度は低いけど

小さい頃からボールに触れることは

運動神経の発達にとっては

とても重要なことだと思います。

もっともっとエアドリブルをひろめていきたいなあ。

トランポリンと間違えてジャンプしないでね!

2020年1月13日 (月)

高校バスケ部体験②

娘が春から入学する高校から招待され

新入部員として1月4日から4日間

高校生の強化試合と練習に参加させていただきました。

私も妻と、監督やコーチに挨拶を兼ねて

新幹線に乗って行ってきました。

今年は暖冬だと言ってましたが

駅に着くと寒くてズボンの下に

もう一枚ジャージを着こんで体育館へ。

先輩方の父兄が試合進行のため

準備をしてましたが

新一年生の保護者は

「2階スタンドで見ていてください。」と言われ

強化試合を観戦させていただきました。

ミニバスから中学

中学から高校。

子供も親も期待や不安いりまじり緊張。(笑)

娘は先輩方と宿泊して超緊張したでしょう。

Img_4926

まずは体づくりからしっかりしないと。

高校生との体格の差を実感。

仕事があるので先に一人帰りましたが

新幹線の時間まで時間があったので

駅の周りをお土産さがしながらぶらり。

ついでにラーメン屋さん。(ついで?)

なかなか応援に行けないと思うけど

良い仲間と巡り会えますように!

 

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »