エアドリブル

リンクページ

無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月28日 (土)

ミニバスロス?

ミニバスではこの時期いろいろな大会がありますが、負ければ6年生は引退ですね。

わが娘も大会に決勝までいきましたが、残念ながら負けて引退のはずでしたがミニ連の推薦をいただき関東招待大会に出場させてもらえることになりました。

1ヶ月ほど引退が伸びました。

もう少し子供達と付き合えそうです。

私は特にコーチすることなどできず何もバスケットの上達には貢献できませんでした。

そのかわり子どもたちの遠征の送迎や試合のビデオを撮ることしかお手伝いできませんでしたが、コーチには見えない子供達の本音が見える時があったりして面白かったなあ。

(子供と思ってバカにできません怖いくらいすごいライバル心も。)

試合より帰りの車の中で騒ぐほうが元気でもっと試合でその力出せればなんて思うこと多々あり。(あまり試合に出られない低学年は遠足?気分。)

車の送迎やビデオ撮影といっても娘のチームは年間200試合以上、しかもホームの体育館は小さく他のチームを呼べる環境ではありません。

ほぼ土日は遠征です。

先輩たちが過去に戦った強豪チーム等に誘っていただき、ほとんどが都外のチームですので、片道1時間以上はザラです。(安全運転第一です。)

昨年はよくアクアラインを使いましたなあ。(帰りはほとんど渋滞。どうなってんだあ。)

車を校内に停めさせて頂いたので、駐車場代は浮いたので大変助かりました。

ビデオも134試合で年間DVDは50枚以上です。

妻にビデオ撮らせると声(罵声?)やブレがひどくてテレビみながら酔うので自分で撮るようになりましたがやはり試合は目で見てビデオは感覚で撮っているのでシュートシーンが撮れていなくて怒られたり。・・・

将来どれだけカメラを通して親が自分を見ていてくれたかなんて分かってくれる日がくるのを期待しよう。(まあ無理だな。期待した自分が馬鹿だと思う羽目に。)

ほとんどがお金では買えない貴重な体験で楽しかったなあ。

ミニバス卒業寂しいですね。

中学行ったら多分クソジジイ来るなって言われるなあ。たぶん・・・(泣)

クソジジイって言ったらただでは済ませませんけどね。(笑)

でも低学年の子供の中にもこんなクソジジイになついてくれる子もいるのでミニバスの応援もまだまだ行きたいです。

ミニバス卒業のみなさんお疲れ様です。

指導・サポートしていたコーチや保護者の方々本当に御苦労さまでした。

ミニバスのみならずスポーツを通じて得たものは人間形成においても貴重な体験だったと思います。(子供のみならず親も人間関係?でいろいろ学べたこともあるはずです。)

これからもなるべく子供のやりたいことを出来るだけ背中を押していくつもりです。

えっ何。娘の行く中学校体育館建て替えでバスケ部練習出来ませんって。

ええーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

エアドリブルだけでは無理だなあ。

 


□■□■□■□■□■□■□■□

エアドリブル広報担当のブログ

◆エアドリブル 開発販売元  今井パッケージ企画ホームページ


◆エアドリブル 販売代理店 株式会社 DUPER

2017年1月12日 (木)

エアドリブルの意外な反響

エアドリブルはミニバスや中学からバスケを始めた初心者をターゲットにして韓国のメーカーが開発し商品化していただいたものです。

先日娘と同じチームのエアドリブルの購入者で低学年の保護者(強制で買ってもらったわけではありません。笑)から意見を聞くことができました。

子供はもちろんですが、父親が昔バスケをしていたらしく父親のほうがテレビを観ながら帰るとソファで使用しているとのこと。なんでも日課になっているとか。

しかも「ユーチュウーブのエアドリブルの動画を見て真似するレッグスル―がなかなかうまくいかず、イラっとしています。」(笑)

またもう一人の保護者はお母さんですが、バスケ経験がないにも関わらずエアドリブルを子供と一緒に使用していたらバスケの楽しさを知り、ミニバスチームの保護者で作った大人のチームに先ほどのお父さんを誘って入るそうです。

子供のためにと思って作ったエアドリブルが大人にも影響するとは思っていなかったので、とてもうれしく思いました。みなさんケガには本当に注意してくださいね。

バスケットボールがこんなに多くの人に愛されるスポーツだとは子供がバスケを始めるまでは本当に知りませんでした。

これからバスケットを始めるもっと多くの人にエアドリブルを知ってもらい日本のバスケットが発展していけたら最高だなあ。

しかしこの前、残念に思ったことがありました。

チームの子供が一人で公園でドリブル練習をしているとパトカーがやってきてお巡りさんに囲まれ職務質問のように住所・年齢を聞かれたそうです。

ボール使用禁止と書いてあったかわかりませんが、数人のお巡りさんに囲まれた娘さんはもうその公園は怖くて行けなくなったそうです。

通報があり仕事とはいえ、女の子一人をお巡りさん数人で囲んで注意するとは。

たしかに近隣住民にご迷惑をかけてしまって申し訳ないと思いますが、もう少し警察も注意の仕方に配慮があってもいいのではないでしょうか。

エアドリブルは室内では有効ですが、やはり明るい外で走ってドリブル練習したい気持ちはよくわかります。

しかしなかなかバスケットゴールやコートのある公園は少ないですね。

もっと平日でも体育館の解放をするなど地域のかたの協力を得て子供達が自由に運動できるようなことはできないかなあ。(ケガや事故を考えると難しいな。)

 

話は変わりますが1月から各地域でミニバスの全国大会の予選がありますね。

怒られたり、悔しかったりして泣きながら練習・試合してきたことはとても人間形成にとって役立っていくと思います。

だミニバスには4校ルールで勝っても全国に行けないという変なルールがありますね。(これも世の中は理不尽ということを教えているのか。)

Bリーグも始まりこれからバスケットボールを繁栄させていくにも、ミニバスでゾーン禁止とかやる前にこのルールは早く撤廃してもらいたいですね。

子供の野球やサッカーでそんなことは聞いたことありません。上手くなりたい子はどんどん強いチームに移籍してステップアップしていくそうです。

大体学年で一クラスしかない小学校は10人集めることは難しいし、4校以上でもやっと集まったら全国へ行けないなんて全く夢のない話だと思いますがね。

この少子化の時代に野球やサッカーに負けず人を集めなければならないのではないでしょうか。

なにを言ってもすぐに変わることはないと思いますがミニバスのルールにはとても異和感があるので、また追々書いていきます。

 

最後にこの大会が終わったら卒業していく6年生は体調を整えて120パ-セントの力をだして悔いのないよう日頃の成果を出して頑張ってください。

皆さんの健闘を祈っています。


□■□■□■□■□■□■□■□

エアドリブル広報担当のブログ

◆エアドリブル 開発販売元  今井パッケージ企画ホームページ


◆エアドリブル 販売代理店 株式会社 DUPER

2017年1月 2日 (月)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

年末年始とめずらしく体調をくずしております。

昨年エアドリブルを販売を開始していろいろな

反応・反響がありましたので、調子が良くなりましたら書いていこうと思います。

少しお待ちください。

エアドリブルについてご意見・ご感想等お気軽に

弊社ホームページや電話にて受付けております。

よろしくお願いします。


□■□■□■□■□■□■□■□

エアドリブル広報担当のブログ

◆エアドリブル 開発販売元  今井パッケージ企画ホームページ


◆エアドリブル 販売代理店 株式会社 DUPER

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »