エアドリブル

リンクページ

無料ブログはココログ

« エアドリブルへの開発3 | トップページ | 2016ふじやまカップ »

2016年12月 6日 (火)

エアドリブル(AIRDRIBBLE)限定500個?

「エアドリブル」の商品化にやっとたどり着いた私ですが、本業は梱包・倉庫等物流の仕事ばかりで、小売・卸業は初めてですから右も左もわかりません。

 

ノルマはありませんが500個売れなければ無理にお願いして作っていただいた韓国㈱IPDSの李さんや空まめの笈川さんに申し訳ありません。

しかしなんでも図々しい私はなんとかなるだろうと思い、子供がバスケットボールを始めてから10年以上バスケットに関わりまあまあ強いチームに小・中・高といたので知り合いに助けを借りて500個だけ売りさばく自信はありました。

最後には誰も買う市場が無いなら限定500個赤字覚悟で1チームずつミニバスを回り配るつもりです。(回られたミニバスのチームのみなさん少しはお恵みを)(笑)

 

Img_1863

まず以前私のアイデアを評価していただいた㈱DUPERの西田さんに相談に行きました。

 

快く相談に乗っていただきスポ少のミニバスボールの関東大会で㈱DUPERがブースを出すのでそこで展示販売していただけることになりました。

 

そのスポ少のミニバスケットの関東大会には幸い娘のミニバスチームが参加できたのです。

 こんなラッキーなことがあるのでしょうか。

 運を使い果たしかなと少し不安も。

 いやまだまだ多くの人に「エアドリブル」を知っていただけなければ死ぬに死ねない。

 

栃木の大会会場は暑かった。そして子供の応援とDUPERさんのブースの様子を見に行くのとで大忙しでした。

 

ただ当日はDUPERの西田さんが他の会場に行ってしまい、別の方が来られてうまく話が伝わっていなかったので、あまりうまくは宣伝できませんでした。

 

逆に「定価24,000円なんて高くて売れるの」、「室内でドリブルするの」とブースの担当の北本さんに聞かれて、とにかく宣伝してくださいとボールとエアドリブルとチラシを隅に置かせてもらいました。

 

娘の第一試合が終わりブースに行くと私が着くなり北本さんが人差し指を一本立てて「1個売れたよ。」と教えてくれました。

 

またブースの片隅に置いてあったのですが、多くの子供たちがずっと遊んでくれていたそうで、一組の姉弟は1日中ブースにきてはエアドリブルで遊んでくれていたそうです。

 

ミニバスのコーチが試してみて「結構小さいから難しいね。真ん中に当てないとうまく弾まないからゴムの真ん中に色をつけては」とアドバイスをくれました。

すると北本さんが「さっきから子供たちが使っているのを見ていたら、最初はできなくて両手で弾ませていたがすぐできるようになって親ができないと、「真ん中で弾ませないとうまくできないよ。」と親に教えていましたよ。」(笑)

真ん中塗らなくて大丈夫ですよ。練習になるよ。」とエアドリブルを不安に思っていた北本さんからも良い評価を得られたのです。

 

この日売れたのは1個だけでしたが、その大会後メールをいただき5個ほど売れました。

 

おかげさまで12/6現在で140個ほど売れております。(素人なので、この数字が良いか悪いかは判断できませんが。)

笈川さんがフェイスブックで頑張って宣伝していただき、私はまだあまり営業できていない状況です。

 

それでも実は相談していた人々からはまず1年はほとんど売れないと言われていたので、自分では幸先いいスタートだと思っております。

 

幸い娘たちのチームも優勝することができ、とてもいい夏の思い出になりました。

 

エアドリブルを購入していただいた方はもちろん、㈱DUPER様、スポ少関東大会関係者、出場チームの選手やコーチ・保護者や応援のみなさんありがとうございました。

 

これからも限定500個とは言わず頑張る所存ですので、暖かく見守っていてください。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

br>

□■□■□■□■□■□■□■□

エアドリブル広報担当のブログ

◆エアドリブル 販売元  今井パッケージ企画ホームページ


◆エアドリブル 販売代理店 株式会社 DUPER

« エアドリブルへの開発3 | トップページ | 2016ふじやまカップ »

スポーツ」カテゴリの記事

バスケットボール」カテゴリの記事

ミニバスケットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアドリブル(AIRDRIBBLE)限定500個?:

« エアドリブルへの開発3 | トップページ | 2016ふじやまカップ »