エアドリブル

リンクページ

無料ブログはココログ

« エアドリブル(AIRDRIBBLE)に込めた思い | トップページ | エアドリブルへの開発3 »

2016年11月22日 (火)

エアドリブル開発への道②




私の住んでいる大田区はものづくりで有名です。

エアドリブルの試作品・商品化に向けて大田区産業振興課に相談に行きました。しかし大田区ではスポーツグッツの開発をしている企業はありませんでした。

今開発は中国・韓国・台湾などコストの安いアジアの国での委託開発がほとんどだそうです。

ものづくり日本のピンチです。

1社だけ試作開発をしている会社に相談しましたが、アイデアはシンプルだが振動の吸収や物が跳ねてしまい「開発は難しい。」と言われてしまいました。

大手の企業なら自社開発しているスポーツメーカーはありますが、頼めば何千、何万というロットを発注しなければなりません。そんなお金は当然ありません。

新製品の試作・開発の補助金制度も申し込みましたがダメでした。相談した工学博士に後から伺うとやはり市場のない物には補助金はむずかしいということでした。

売れるかどうか分からないものに税金は使えないということでしょう。

諦めず大田区産業振興課のビジネスサポートの助けを借りエアドリブルの商品化に悪戦苦闘しておりました。そこで中小企業診断士の宮本さんに相談していると、私と同じようなアイデアの商品を韓国から輸入している企業があると教えていただき紹介していただいたのです。

そこでお会いしたのが空まめシステムの笈川さんです。バンバンボードというトランポリンの振動を吸収して室内で子供の遊具や大人のダイエットにも使える商品です

Soramamesystem_bhk70001_3_3

そのままボールが静かに弾ませられるのではと笈川さんの自宅にボールを持参して伺い試しに行きました。しかしスプリングは発砲ウレタンで振動を吸収しますが、板がプラスチックなので音がうるさすぎて私のアイデアとは違う物でした。

ただ相談していく皆さんが自宅や会議室で私がバスケットボールを弾ませると音や振動でビックリするのです。笈川さんも同じでした。バスケットの経験のない方は驚くのです。これは騒音問題になると。

笈川さんは「エアドリブル」に共感してくれてバンバンボードのメーカーIPDSという韓国の会社の社長の李さんに開発できるか問い合わせしていただきました。

李さんは会社社長でありながら工学博士・経営コンサルト等とても頭のいい方で,しかも発明することがとても好きな方です。

李さんからの回答は試作・開発はできるという答えでしたが、やはり「そんなものは売れるの。」が第一声だったそうです。

韓国はバスケットボールが人気で公園や空き地、マンションの敷地やいたるところにバスケットのゴールや練習場所があるそうです。だから韓国ではそんな商品は売れないという意見でした。

練習場所で使うのではなく子供やバスケ初心者が空中で行うボールハンドリングでは物足りなく、低く強く弾ませる基礎のドリブル練習等を室内でしても音や振動がうるさくなく使用できる商品を開発していただきたいとお願いしました。

笈川さんと李さんは友人関係であったので、なんとか商品化したいと笈川さんにお願いして李さんを説得していただきました。(笈川さんと李さんをだいぶ困らせたことだと思いますが)それが2年前のことでした。・・・

 

□■□■□■□■□■□■□■□

エアドリブル広報担当のブログ

◆エアドリブル 販売元  今井パッケージ企画ホームページ



◆エアドリブル 販売代理店 株式会社 DUPER

« エアドリブル(AIRDRIBBLE)に込めた思い | トップページ | エアドリブルへの開発3 »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

バスケットボール」カテゴリの記事

ミニバスケットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアドリブル開発への道②:

« エアドリブル(AIRDRIBBLE)に込めた思い | トップページ | エアドリブルへの開発3 »